シンプルに、自然に、自分らしさを整えて生きていく

後輩指導が難しいときのコツ6個~後輩がイライラするときの対処法③~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【強み発掘専門家/共感力講師/セルフデザイナー】 10年OLをしていた『ゆうさん。』です。 OL時代は、共感力が高すぎて会社に行くことがイヤになってしまうこともありました。(もちろん楽しいことも沢山ありました^^) 今は共感力を強みにしてフリーランスとして活動しています! 欠点だと思っていた「共感力」のおかげで人生が変わりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° このサイトは、過去の私と同じように共感力が高くてうまくいかない人に向けた、「日常を好きになる」をコンセプトにしたサイトです。 趣味:旅行、映画、読書、小説、マンガ、テレビ、人の悩みを聞くこと。 自宅勤務でほとんど外出しないため、最近はウォーキングを始めました!

後輩がイライラするときの対処法①から読まれることをおすすめします。

前回、後輩イライラ対処法②で具体的な4ステップをお伝えしましたが、

今回は簡単に実行するためのポイントを6つお話します。

 

お疲れの方は、まばたきをして目を5秒ほど休めてから読みましょう。

 

後輩指導が難しいときのコツ6個

 

①伝えたいことを「冷静に」考える

ベテランの方に多いですが、

怒っているうちに
怒ることが目的となっていませんか?

「本当に伝えたいこと」「やってほしいこと」を考え、
目的を忘れないようにしましょう。

 ②労わりをいれる

「共感」がポイントとなってきます。

SNSで「いいね!」とされたいのは
誰かに「共感してほしい」からです。

楽しいことが起きたら、楽しそう!
悲しいことが起きたら、大変だね!と言ってほしいのです。

仕事でも同じです。
相手に共感して労わることで、後輩の気持ちを惹きつけましょう。

 

③現状を伝えるときは感情(怒り)を絶対に出さない。

×「クレームがきてるんだけど!!!」
○「クレームがきています。」と、静かなトーン。

×「仕事は探せばあるのよね!!?」
○「仕事は探せばあります。」と単に事実を伝える。

 

怒りを入れると、相手は心を閉ざし、

が委縮します。

 

自分で考えることを放棄し、さらに仕事をしない人間になるでしょう。

怒りを入れずに、あなたは冷静に事実を伝えましょう。

④理由は自分からのメッセージ。
「あなたのため」と言わない。

   「あなたのため」って。

嘘ですよね。

これはあなたのため?良かれと思って?

いやいや、

もちろん相手のことも考えているでしょうが、

 

基本的には、

自分自身がイライラしているから注意してますよね? 

嘘はすぐ見抜かれます。

「私は〇〇と感じているから、××してほしい」なら本当ですし、
後輩からみても、「2人の問題になる」ので聞き入れやすいですよ。

⑤ヒントを与える

自分で考えるクセが無い後輩が、山ほどいます。
そういう人は「答えを早く教えてほしい」と考えています。

(こちらは答えを言っているつもりなんですがね…)

それでも足りない人に対しては、さらに具体的にヒントを出しましょう。

「具体的には〇×をしてほしい。他にも考えてみてね」

 

初めは上手くはいかなくても良いのです。

そのうちに、「自分で考えた、誉められた!楽しい!」

という感覚を味わってもらいましょう。

⑥少しでもできるようになったら褒める

以前できなかったことができているとき、
すぐ褒めましょう。

 

褒められて嬉しい

=この人と仕事するの楽しい!となります。

 

一人前ではなくても、とにかく褒める。
注意だけして、褒めないのは不公平です。

これらを気を付けながら指導していきましょう!

後輩指導が難しいときのコツ6個のまとめ

いかがでしたでしょうか。

  1. 伝えたいことを「冷静に」考える
  2. 労わりをいれる
  3. 現状を伝えるときは感情(怒り)を絶対に出さない。
  4. 理由は自分からのメッセージ。
    「あなたのため」と言わない。
  5. ヒントを与える
  6. 少しでもできるようになったら褒める

 

今までいくつやっていましたか?

 

自分が後輩の時は、こんな気を使ってもらえなかったのに…

 

そんなモヤモヤをお持ちの方もいらっしゃいますよね。

最後に、多くの人がハマりやすい落とし穴についてお話していきます。

本当にここまでお読みいただきありがとうございました。

あと1ページです。よろしくお願いいたします。

後輩指導のコミュニケーションで落とし穴にハマらないように。イライラ対処法④

落とし穴にハマらないように気を付けてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
【強み発掘専門家/共感力講師/セルフデザイナー】 10年OLをしていた『ゆうさん。』です。 OL時代は、共感力が高すぎて会社に行くことがイヤになってしまうこともありました。(もちろん楽しいことも沢山ありました^^) 今は共感力を強みにしてフリーランスとして活動しています! 欠点だと思っていた「共感力」のおかげで人生が変わりました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° このサイトは、過去の私と同じように共感力が高くてうまくいかない人に向けた、「日常を好きになる」をコンセプトにしたサイトです。 趣味:旅行、映画、読書、小説、マンガ、テレビ、人の悩みを聞くこと。 自宅勤務でほとんど外出しないため、最近はウォーキングを始めました!