シンプルに、自然に、自分らしさを整えて生きていく

落ち込みやすい人必見!気軽に試せる対処法って何よ?

    
white and red marble
\ この記事を共有 /
落ち込みやすい人必見!気軽に試せる対処法って何よ?

はい、ゆうさん。です。

今日は落ち込みやすい人の対処法を書いていきますね。

ちょっとした失敗で、人生が終わるかのように落ち込んでしまう。。。

そんなときありますよね。


そんなときの対処法!

結論からいうと、

  • 主語を「人間」にするだけです^^

詳しくお話していきますね↓

落ち込みやすいのはもう仕方ないよね

私は本当に落ち込みやすい人間でした!!!(自慢にならない。笑)

全然仕事ができなくて「ゆうさん、ちゃんと話聞いてる?怒」と言われたときは、

「あーもうダメ。最悪。嫌われた。私って使えない人間」

と言われてないことまで妄想しちゃってたんですよね~。

メンタル弱すぎ。笑

(完璧主義者なのも関係してます)

こうなると、

  • 新しいことへの挑戦は怖いし
  • 周りからの批判も怖いし
  • 失敗して落ち込むくらいならやらない方がマシ…

な~んて考えも出てきちゃうんですよね。

精神的にもツラいしなんとかしたい!!!



じゃあ、どうしたら自分を変えられるだろう?

30年間この性格で生きてきたので難しいかな?と思っていましたが、ひたすら自分を見つめなおし、導き出しました!そして分かったんですよ。

それが・・・

落ち込まない方法は諦めた!

まず最初に言っておきますが、「落ち込まない方法」は諦めました。笑

周りに「そんなに落ち込むなよ」「考えすぎだよ」と言われても、悩んでいるときにはすでに考えすぎてるし+落ち込んでるから難しいんですよね。

落ち込むのは仕方が無い!!とまずは割り切る!

落ち込まないのは無理だと分かったし、強がっていても落ち込むんです。

私たちは落ち込もうと思えば、何に対しても落ち込める才能の持ち主ですからね。笑


でも、何とかしたい~~~~と思ったときに導き出した答えが「人間を主語にする」です。

「人間」を主語にすること!

落ち込んでいるときは、たいてい自分のことしか考えられないので、視野が狭くなっています。

そんなときは、主語を「私」ではなく、「人間」に変換してみましょう。

例えば、

私の発言に対して、悪い評価が1件あった場合。

“人間”の発言に対して、悪い評価が1件あった。

ん??

いや、悪い評価をする人もいるよね。確率的によくあること。

もしかしたら発言ではなくてタイミングが間違っていた可能性もあるよね。

あれ?何を気にして落ち込んでいたんだろう??

私がミスをして上司に怒られてしまった場合

“人間”がミスをして上司に怒られてしまった。

おやおや?

人間だもんね!ミスもするし、怒られるよね。うん。次に活かせばいいだけだな!

あれ?何に対して落ち込んでいたんだ?

このように広い視野で「人間」を主語にすると落ち込みすぎません。

私は子育てがうまくできない場合

“人間”は子育てがうまくできない。

ほうほう。

皆うまくできなくて悩んでいるからこそ、子育ての本やら動画やら山のようにあるよね。

正解もないし、むしろ常に絶好調で100%うまくできてる人をこれまで1人も見たことないな。

うまくいってそうに見える人がいたとしたら幻想だ!笑

私自身で決めた目標を達成できなかった

“人間”が自分で決めた目標を達成できなかった

お~~~っと。

今年の目標なんて覚えてもいないな。笑

こんな具合に主語を「人間」に変えてみてください。

  • 人間は仕事がうまくできない
  • 人間は家事や育児がうまくできない
  • 人間は人付き合いがうまくできない
  • 人間は何もかもうまくできない

まあ、あるあるですよね。笑

もちろん、自分のできなさ具合を反省することもありますよ。

「人間」ですから反省もするでしょう。

って主語を変えて考えていくと、落ち込むのはほどほどに、改善を始められるんです。

落ち込んでも、なるべく早く気持ちを切り替える!


ちなみに、

「私ほんとうに何もできないんですけど、こんなにできない人いますか!?」ってお客さんに聞かれたことがありますが、、、




…同じこと言う人が結構いますよ。笑

人間は結構できない生き物なんですよ。笑

(とはいえ、ちゃんと話を聴いていくと、「〇〇ができます」「〇〇やってました」「△〇が得意です」って強みが出てくるんですけどね…

ご本人は気付けないんですよね。)



自分で自分のことをちゃんと見れる人なんてほとんどいないってことです^^

ぜひ落ち込みやすい人はやってみてくださいねーー♪^^