映画と本と着物旅。-kimono trip, movies, books -

I love movies, books, travel. OLは趣味でやってます。

映画感想文【ちはやふる】主役が広瀬すずじゃないところが面白い!あらすじネタバレなし。

      2016/03/24

KIMG0268映画『ちはやふる 上の句』
2016年3月19日公開。
下の句は2016年4月29日公開。

◎あらすじ

幼なじみの綾瀬千早(あやせちはや)・真島太一(ましまたいち)・綿谷新(わたやあらた)は、幼少時代に「競技かるた」をやっていた。
新は家の事情で引っ越してしまうが、千早は競技かるたをやっていれば絶対に会えると信じて疑わない。

高校生になった千早は競技かるた部を設立するために部員集めに奮闘する(゜Д゜)
なんとか部員を集めた千早は、全国大会を目指して練習に励む!

◎少女漫画が原作

こちらの作品は、主人公が広瀬すずさんに決まったとき、原作ファンがざわついたことで有名です。( ;∀;)
「ちはやはもっと凛としている子だ」とか、「なんでも広瀬すず」とか、「ごり押し」などなど。

原作があるものはイメージと違うと嫌ですよね。

しかし!!

配役に納得いかなかった人にも是非観ることをオススメします。

原作も読んだことありますが、これは映像化成功してます*^^*

ちなみに私は広瀬すずファンでもなんでもありませんが、
とにかく面白いです( *´艸`)

ちなみに競技かるたや百人一首の知識がなくても話分かるようになってます♪
以下は面白かった理由を考えてみました。

◎「ちはやふる 上の句」面白かった理由を考えてみた

①笑えるシーン多め
コメディ要素増やしてます。
予想外にふふっと笑いました。軽く笑えるところが用意されているのでリラックスして挑んでください。^^

コメディとは言ってもリアリティがあってマンガ原作特有の違和感ないです。
アニメーション入ってきても自然に見られます。

②かるたシーンがカッコいい
角度も計算されて速さがしっかり描かれていますし、スローモーションもわざとらしくない。^^b
たまにくどくなる映画がありますが、効果的にスローモーションを入れてスピード感が出てます。

団体戦ならでは並んだかるたシーン、北央学園がまずかっこいい。
そして瑞沢高校もかっこいい!
競技かるた=スポーツと言っても過言ではないです。( `ー´)ムキッ

③主人公たちよりも周りの若手俳優が良い
主人公たちの不安定さを周りの俳優が支えてます。
もちろん主人公たちも頑張ってはいるのですが、頑張ってます感が見えてます。
周りは安定してます。(^◇^)

・大江奏(大江さん) 上白石萌音
・西田優征(肉まんくん) 矢本悠馬
・駒野勉(机くん) 森永悠希
・須藤暁人(ドS)  清水尋也
・木梨浩(ヒョロ) 坂口涼太郎
オーディションで勝ち取っただけのことはあります。
実力がありますし、個性を出しつつ周りの邪魔しない。

上の句の主役はずばり「机くん」です( `ー´)ノ 泣かされたぜ、やっほー!

筆者は運動が苦手で周りが簡単にできることができません。
トレーニングしても結果が出にくくて嫌になってしまったことばかりです。(;_;)

誰しも運動でなくても悔しい思いや嫌になったことがあるでしょう。
才能がある人を見て、比べて、自分はダメだと感じたことがあるでしょう。

なんでもできるスーパーマンや天才型の人間に憧れます。
しかし完ぺきにできない人にこそ、感情移入ができるのです。
そこを上手く出してくれました。

監督も俳優たちもキャスティングした人も素晴らしい♪( *´艸`)

◎まとめ

なんどもしつこいですが面白いです(^◇^)

監督と脚本の小泉徳宏さん。やるな。
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は恋愛ものなので観てません。すいません、でもやさぐれている私は高校生の恋愛ものなんて見ませんよ。笑
しかし、ちはやふるを見るとこの監督の他の作品も気になりますね~^^

ちはやふるは恋愛感情はあるものの、恋愛要素少なくて主人公がサッパリとして楽しいです( *´艸`)

問題は、
かなり満足してしまったので、下の句へのヒキが弱かったところです。

上の句だけで十分まとまっていたので下の句観なくても・・・いや、絶対観ますけどね。汗

松岡茉優ちゃんが出ると思って期待していったのですが、まさかのまったく出てこず|д゚)
後編にだけ出るのかー。チラッとでいいから出しておけば良い引き付けになったのでは、、偉そうに意見すいません。

前編が良かっただけに、後編でもし主人公たち3人が中心になったら演技力が正直心配です。
(もちろん頑張ってはいるのですがね。)
プラス松岡茉優ちゃんだけじゃどうにもならんよー。
前半は良かったのに後半は面白くないなんて嫌です。

監督様どうかそんな脚本を書いてないように信じています。
こんなに素敵な作品を作れる監督がつまらないなんて絶対思われたくないです。
後編(あ、下の句だった)もよろしくお願いします。(^◇^)

◎キャスト

綾瀬千早  広瀬すず
真島太一  野村周平
綿谷新   真剣佑
大江奏   上白石萌音
西田優征  矢本悠馬
駒野勉   森永悠希
須藤暁人  清水尋也
木梨浩   坂口涼太郎
若宮詩暢  松岡茉優
宮内妙子  松田美由紀
原田秀雄  國村隼

監督・脚本 小泉徳宏「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
原作 末次由紀
音楽 横山克
主題歌 Perfume「FLASH」

おまけで↓

◎上の句ツッコミながらの感想

・高校生エキストラのうきうき感が強い。画面からダダ漏れ。笑

・部活見学のシーンいいね|д゚)

・刺さったー。壁とカルタの材質何よ。

・屋上の構造ダメでしょ。事件起きまくるわ(^◇^)

・屋上になんでダッシュで来た?

・太一(野村周平)イケメン作ってる感があるな・・

・にくまん君が後ろにいたー!いいね。^^
赤髪+チャラ男は菅田将暉君とイメージ被るけど、どちらも応援します♪

・大江さん(上白石萌音)のマニア感自然でgood(^◇^)

・本人に机くんー!笑 受け入れたー!笑

・先生が典型的な堅物。演技軽い。

・念願の入部届と・・・早くて見逃したー。分かるけど悔しいー。

・合宿って、、スポ根ドラマか

・かるたの先生(國村隼)がうまく締めてます。

・幼少期の新役が激似。よく子役見つけたな。

・「ドSの須藤」って何。笑

・いいかんじにムカつく。うまい。清水尋也はソロモンの偽証のときも悪役でした。

・大江さんがどんどん可愛くなる魔法にかかりました^^

・撃沈の3人。肉まんくんのカッコ好き。

・救世主はまさかの彼。

・さすがに山にスーツケース邪魔でしょ!笑

・大江さんが過去の罪から救った。惚れてまうやろー

・京王線がちょくちょく出てきます

・和服が素敵すぎる(^◇^)和装っていいな~。下世話な話ですが値段が気になる。

・和をイメージした音楽が繊細で綺麗。ぴったり。

・西田の戦略は正しいです。それが勝負。

・机君に感情移入( ;∀;)

・「俺だってない」とレベル上の人に言われてもな。

・君が救世主だったじゃないか。画面に話しかけたい自分がいました。

・かるたシーン揃うとカッコよい♪

・前フリたっぷりだった運命戦。

・腰ぎんちゃくのヒョロがー( ;∀;)

・みんなの力は成果を残せるのか。

今回も長くなってしまいましたがそれだけ面白かったのです。
是非映画館での鑑賞をおすすめします♪

 - 映画&本の感想文