リセットはできないけど挑戦はできる

映画【ちはやふる】面白い理由。机くんがかっこいい!感想&あらすじ&ネタバレなし。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
10年OLをしていた『あらりん』です。 OL時代は、粗利(あらり)のことばかり考えていたので、あらりんです。 頭の固い社長の方針にうんざり。 仕事のできない後輩にうんざり。 効率化しない会社全体にうんざりして、ブログをはじめました。 趣味は旅行、映画、読書、小説、マンガ、テレビ、美容、人の悩みを聞くこと。 世の中から非効率な会社が、早く減ることを願っています。

KIMG0268『ちはやふる 上の句』は2016年3月19日公開、
『下の句』は2016年4月29日公開しました。

ついに!金曜ロードショーで2週連続放送されます。

3/9(金)ちはやふる―上の句―
3/16(金)ちはやふる―下の句ー

その時間に見れない方、見逃した方は、ちはやふるを観るなら<U-NEXT>で見られますよ。



映画を普段見ない人も、映画好きの人にも、めちゃくちゃ面白いのでぜひ見ていただきたい作品です!

特に上の句は最高!もう一度見ます。

下の句は1回でいいかな。笑

◎ちはやふる映画版のあらすじ

幼なじみの千早(ちはや)・太一(たいち)・新(あらた)は、幼少時代に「競技かるた」をやっていた。

新は家の事情で引っ越してしまうが、千早は競技かるたをやっていれば絶対に会えると信じて疑わない。

高校生になった千早は競技かるた部を設立するために部員集めに奮闘する(゜Д゜)

なんとか部員を集めた千早は、全国大会を目指して練習に励む!

◎少女漫画が原作

主人公が広瀬すずさんに決まったとき、原作ファンがざわつきました。( ;∀;)

  •  「ちはや」はもっと凛としている子だ
  • なんでも広瀬すず
  • ごり押し

原作があるものは、イメージと違うと嫌ですよね。

しかし!!

配役に納得いかなかった人にも、オススメできます。

原作も読んだことありますが、これは映像化成功してます*^^*

ちなみに私は広瀬すずさんのファンでもなんでもありませんが、
とにかく面白いです( *´艸`)

ちなみに競技かるたや百人一首の知識がなくても話分かるようになってます♪
以下は面白かった理由を考えてみました。


◎「ちはやふる 上の句」面白かった理由を考えてみた

①笑えるシーン多め

コメディ要素増やしてます。

予想外にふふっと笑いました。軽く笑えるところが用意されているのでリラックスして見てください。^^

コメディとは言ってもリアリティがあってマンガ原作特有の違和感ないです。

アニメーション入ってきても自然に見られます。

②かるたシーンがカッコいい

角度も計算されて速さがしっかり描かれていますし、スローモーションもわざとらしくない。^^b
たまにくどくなる映画がありますが、ちはやふるでは効果的にスローモーションを入れてスピード感が出てます。

団体戦ならでは並んだかるたシーン、北央学園がまずかっこいい。
そして瑞沢高校もかっこいい!

競技かるた=スポーツと言っても過言ではないです。( `ー´)ムキッ

③主人公たちよりも周りの若手俳優が良い

主人公たちの不安定さを周りの俳優が支えてます。
もちろん主人公たちも頑張ってはいるのですが、「頑張ってます感」が見える。

脇役が若手なのに安定してます。(^◇^)

・大江奏(大江さん) 上白石萌音
・西田優征(肉まんくん) 矢本悠馬
・駒野勉(机くん) 森永悠希
・須藤暁人(ドS)  清水尋也
・木梨浩(ヒョロ) 坂口涼太郎

オーディションで勝ち取っただけのことはあります。
実力がありますし、個性を出しつつ周りの邪魔しない。

上の句の主役はずばり「机くん(森永悠希さん)」です( `ー´)ノ 泣かされたぜー!

私も運動に対してコンプレックスの塊で、嫌になってしまうことばかりです。(;_;)

誰でも他人と比べて、悔しい思いや嫌になったことがあるでしょう。

なんでもできるスーパーマンや天才型の人間に憧れる!

しかし完ぺきではないからこそ、感情移入ができるのです。

そこを上手く引き出してくれました。

監督も俳優たちもキャスティングした人も素晴らしい♪( *´艸`)

◎ちはやふる映画のまとめ

なんどもしつこいですが面白いです(^◇^)

監督と脚本の小泉徳宏さん。やるな。
ちはやふるは恋愛感情はあるものの、恋愛要素が少なくて主人公がサッパリとして楽しいです( *´艸`)

問題は、かなり満足してしまったので、下の句へのヒキが弱かったところです。
上の句だけで十分まとまっていたので下の句観なくても・・・いや、観てほしいですけどね。汗

松岡茉優ちゃんが出ると思って期待していったのですが、前編はまさかのまったく出てこず|д゚)

後編は松岡茉優ちゃんだけを見てほしいです。あの人の作る空気が好きです。

とにかく上の句(前編)は面白いのでぜひ!

◎キャスト

綾瀬千早  広瀬すず
真島太一  野村周平
綿谷新   真剣佑
大江奏   上白石萌音
西田優征  矢本悠馬
駒野勉   森永悠希
須藤暁人  清水尋也
木梨浩   坂口涼太郎
若宮詩暢  松岡茉優
宮内妙子  松田美由紀
原田秀雄  國村隼

監督・脚本 小泉徳宏「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
原作 末次由紀
音楽 横山克
主題歌 Perfume「FLASH」

おまけで↓

◎上の句ツッコミながらの感想

・刺さったー。壁とカルタの材質何よ。

・にくまん君が後ろにいたー!いいね。^^
赤髪+チャラ男は暗殺教室の菅田将暉君とイメージ被るけど、どちらも応援します♪

・大江さん(上白石萌音)のマニア感自然でgood(^◇^)

・かるたの先生(國村隼)がうまく締めてます。

・幼少期の新役が激似。よく子役見つけたな。

・清水尋也くんはソロモンの偽証のときもうまかった。

・救世主はまさかの彼。

・京王線がちょくちょく出てきます

・和をイメージした音楽が繊細で綺麗。ぴったり。

・前フリたっぷりだった運命戦。

・腰ぎんちゃくのヒョロがー( ;∀;)

今回も長くなってしまいましたがそれだけ面白かったです。

金曜ロードショーで見逃した方はU-NEXTで見られますよ。↓



この記事を書いている人 - WRITER -
10年OLをしていた『あらりん』です。 OL時代は、粗利(あらり)のことばかり考えていたので、あらりんです。 頭の固い社長の方針にうんざり。 仕事のできない後輩にうんざり。 効率化しない会社全体にうんざりして、ブログをはじめました。 趣味は旅行、映画、読書、小説、マンガ、テレビ、美容、人の悩みを聞くこと。 世の中から非効率な会社が、早く減ることを願っています。

Comment

  1. […] 映画感想文【ちはやふる】主役が広瀬すずじゃないところが面白い!あらすじネタバレなし。(【映画と読書とOLと】もはやOLは趣味です。さん) […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生はテストだ , 2016 All Rights Reserved.